賃貸物件の契約時に確認する事項

Contents
サイト内検索(by Google)
賃貸物件の契約時に確認する事項

賃貸物件の契約時に確認する事項

引っ越しを検討している場合、まず最初に引っ越し先の目星をつけるところからスタートしますね。インターネットで賃貸物件を検索する時に、どこに注目しますか?築年数や駅からの距離や立地ももちろん大切です。住環境に加えて、賃貸は貸主との「契約」ですから、その契約内容をしっかりと把握する事も大切になってきます。

気に入った賃貸物件を見つけたら、賃料が月額いくらかを確認します。さらに、「管理費」発生するかどうかを確認します。月の負担金額がわかったら次は契約時に支払うお金を確認します。敷金と礼金、仲介手数料などが何か月分発生するのかを確認しましょう。物件によっては、礼金ナシだったり、敷金の金額が少ないケースもあるので、じっくり探すと良い条件の物件に出会うことができます。

契約の際には保証人が必要なケースが多いです。両親や兄弟などの親類にお願いするのが一番スムーズに進む方法になります。どうしても親類が難しい・・・という場合は貸主によっては会社の上司等でも可能とする場合もありますが、保証人不要システムを利用するケースが多いようです。保証会社が保証してくれる場合には、毎月賃料の何パーセントが保証料という事で賃料の変更がありますので、良く確認の上契約に進みましょう。